巻き爪 原因 その1~乾燥・冷え

こんにちは。

 

今週は関東でも雪が降りましたが

この冬は雨が少なくカラカラに乾燥していますね。

 

乾燥

湿度が低いと、ウイルスも繁殖しやすいし

お肌はカサカサ、髪もパサパサ、足の角質も気になりますよね。

実は、秋から冬にかけては巻き爪にお悩みの方にも要注意の季節。

冷えと乾燥は、巻き爪の原因となるのです(>_<)

爪は皮膚が角質化したもので、皮膚の一部。

成分は、髪と同じ。

「ケラチン」というたんぱく質の一種から出来ています。

 

ですから、湿度の低いこの季節

お肌や髪だけでなく、爪も乾燥してしまうんです。

乾燥が進むと、爪が巻いてくる原因となります。

 

また足先が冷えて、血行の悪い状態が続くと

爪を作るための栄養が行き届かず、爪の色も形も悪くなっていきます。

 

足の爪は、切る頻度も少ないですし

靴や靴下で覆われているので気にする機会が少ないですが

 

 

あなたの足の爪、こんなことになっていませんか?

  • ・分厚くなってきた
  • ・表面がボコボコしてきた
  • ・色が変わってきた
  • ・指にくい込んできた
  • ・割れやすい
  • ・血色が悪い

 

特に体に不調がないのに、爪に異変があるようでしたら

乾燥や血行不良の可能性があります。

 

まだ、痛くないし大丈夫(^^♪

なんて思っていると痛~い巻き爪になってしまうかもしれません。

足指ケア

バランスの良い食事で体の内側から

血行を促進することはもちろん(^^♪

保湿や適度な運動

(足指でグー、パー運動など)

足先のケアも気にかけてみてくださいね。

 

痛みが発症した時や、症状がひどくなる場合は、お気軽にご相談ください。