外くるぶしの痛みと腫れ

あなたのカラダのお悩み、私にお任せください!オリンピック選手も通う不調改善のスペシャリストです

あなたのカラダのお悩み、私にお任せください!オリンピック選手も通う不調改善のスペシャリストです

こんな症状ありませんか?

  • 捻挫した記憶はないのに外くるぶしが腫れた
  • 以前に捻挫したところが今になって痛くなってきた
  • 左右で外くるぶしの大きさが違う???
  • 歩いていると小指側にグラつく
当院ではバレエ関係者が多く来院されることから、足関節でお悩みの患者さんをみる機会に恵まれています。上記の症状で、また、似たような症状でお困りのバレリーナやアスリートの皆さん、当院にご相談ください。
外くるぶしの痛みや、腫れに対する当院の治療法
はじめに、足関節の歪みや骨盤の歪みを中心にからだのバランスをみます。これは、外くるぶしが痛いことにより、他のからだの部分をかばってしまい影響が出ているからです。
患部だけではなく、バランスを崩しているところまで治療することによって、症状の再発が防げるからです。
治療のメインは鍼治療です。炎症を抑える、痛みを抑えるだけではなく、可動域が改善し筋力も回復します。治療直後に驚きの変化を感じられることでしょう。
外くるぶしが痛くなる症状をご紹介します。症状によっては、当院での治療適応外になりますのでよくご覧なって下さい。
内反捻挫による靭帯損傷
急性的なものはもちろんですが、以前に捻挫した覚えがあれば、時間が経って痛みが出てくるケースはよく見かけます。たいした症状ではないとほうっておかずに治療を受けることで症状は改善し、パフォーマンスも上がります。
軽度1度の損傷だと受傷直後でも動いてしまいがちですが、損はあっても得がありません。必ず安静にしましょう。動くことで軽傷なものが、より傷が深くなることがありますので、注意が必要です。
長・短腓骨筋炎
外くるぶしの後ろから下を通過する腓骨筋(長・短)の腱に炎症がみられるもの。痛む部位はこちら↓
【腓骨筋の画像】
X線での異常所見は見られないことがほとんどです。ただし腫れ・痛みの強いケースでは疲労骨折の疑いもあります。医療機関での診断を受けましょう。
バレエ・ダンス・ランナーなどよくある痛みですが、スポーツをしていなくても、靴の影響で痛みがでたりします。
オーバーユースと診断されがちですが、その背景には足関節の歪みがあると考えています。
※整形外科では骨の歪み(アライメント異常)は診断されませんが、アメリカでは既に足の専門医がアライメントの異常が痛みを引き起こすとされています。
腓骨筋腱脱臼
あまり見られない症状ですが、以前どうも様子が変だと感じ、整形外科を受診していただいたところ、腓骨筋腱脱臼診断された方がいらっしゃいました。当院では適応外の疾患になります。ご
腓骨筋腱縦断裂
腓骨筋腱脱臼同様、この診断を受けることはほとんどありません。
捻挫時に併発することが多く、当院での治療も可能です。外くるぶしの下側の痛みや腫れがなかなかひかない場合は疑います。
腓骨筋腱滑車症候群
長・短腓骨筋腱が、変形した骨と外果下の部分で腓骨神経が圧迫し、足背や足底に痛みがでます。同時に、腓骨筋の付着部、腓骨筋に症状がでることが多いです。 この診断を受けての来院されたケースはありませんが、当院でも治療は可能と考えていますのでご相談ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加