症例 膝の痛み

症例1 5年前から、座ると膝から脛が痛くなる

埼玉県久喜市 50代 男性 剣道

 

来院動機

剣道を長年している。5年ほど前より、座るとすぐに、膝の外側から脛(すね)にかけて痛みが出るようになってしまう。正座をするとさらに痛みが強く、お悩みである。また急いで走ると、同様の痛みが生じる。正座ができるようになりたい!と来院された。

 

症状と施術内容

「不思議なんですが、立っているときは症状がでないです」

動きをみると強い痛みほどの膝の状態ではない。整形外科の診断でも「膝の異常はあまり見られない」とのこと。

もともと膝痛は、骨盤や脊柱・足首の影響を受けやすい。

痛む所は、膝外側から脛にかけて、膝裏に詰まる感じもある。

 

1回目

膝外側・膝裏に関連する脊柱起立筋へ鍼をする。もも裏の緊張も強いのでここにも刺鍼。

足関節に対して治療をし、初回は終了。

 

2回目

少しラクです。

初回と同様の症状に右臀部(でんぶ)も座位時に痛む。

 

3回目

「座っているとやはり痛いですね~」

治療法を変え整体も取り入れる。腓骨・足関節の調整。下腿の筋膜療法。よくよくお聞きすると学生時代に何度もハムストリングスを肉離れしていたらしい。癒着療法。

 

4回目

「少しいいようです」

ただ、正座をしばらくするとジーンとした痛みがすねに走る。

仙骨上の緊張を緩める。鍼にて腓骨の調整。

 

5回目(2週間後)

「前回から座っていても、正座をしてもまったく症状がなくなりました」

「助かりました~」

 

考察

5年以上の症状が短期間で改善した症例。念願の正座も無理なくできるようになり本当によかった。仙腸関節と腓骨の問題がケアできたことにより関節可動域が戻り、悩まされていた神経痛が生じなくなった。

膝の痛みについて詳しくはこちら

膝の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明京堂治療院

ご予約・お問合せはコチラ

0120-117-638

0120-117-638
お問い合わせはコチラ
営業時間
9~21時
定休日
木曜日(休日もお問い合わせOK)

〒332-0015埼玉県川口市川口4-2-41-1004タケノヤハイツ錦町1004