症例 腰痛 ぎっくり腰

症例1 肩車していたら腰が痛くなってきた

40代 男性

来院動機

初めての来院は2年前。奥様のご紹介で来られた。ゴルフをしていたら腰に強い痛みがでて、いわゆるぎっくり腰だった。今回は2歳になるお子様を肩車していたら、腰に違和感を覚えた。その後、痛みは強くなり、以前のことを思い出し再来された。

症状と治療内容

動きをチェックすると、前後屈で痛みがでる。特にかがむ姿勢になると強くなる。

 

1回目

腰の筋肉をみると、ガチガチに緊張しているため、手・大腿のツボを使い緩める。直後より痛みの緩和が大幅に見られたので初回は終了。

2回目

「症状はだいぶいい、午前中も公園でお子様と遊んでから来ました」

軽くかがむくらいでは問題ないが、深くするとまだ痛みがある。

前回の治療にふくらはぎの緊張をとる。

施術は終了。

 

使った主なツボ

精霊・殷門・承山

 

考察

ぎっくりは得意分野である。ポイントを見極めることで、少ない回数で回復に向かう。整形外科では痛み止めと安静である。それであるならば、積極的に治療ができるはりが第一選択肢でもよいのかもしれない。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明京堂治療院

ご予約・お問合せはコチラ

0120-117-638

0120-117-638
お問い合わせはコチラ
受付時間
9~21時
定休日
木曜日(休日もお問い合わせOK)

〒332-0015埼玉県川口市川口4-2-41-1004タケノヤハイツ錦町1004