HOME >

バレエによるシンスプリントの鍼・整体治療

 こんな症状をお持ちではないですか?

 舞台やコンクール前、レッスン時間が増え、すねの骨の内側が痛くなる

 レッスン量が減り痛みは治まってきたけれど、レッスンが多くなると・・

 湿布・電気治療・マッサージをしているが変化がみられなく不安・・・

 足先が捻じれた感覚がいつもある

 シンスプリントだけじゃない、実は腰も痛い!


整形外科を受診して「使い過ぎだから安静に」といわれたけど、大事な舞台やコンクールがあるから安静にはしていられない。また、安静にしていたけど、動きはじめたら同じように痛い。

じつはコレ、あなただけのお悩みではありません。治療の仕事をしていると、本当によく耳にするんです。

 


そしてシンスプリントは治療方針さえ間違えなければ、必ず良くなります。是非、当院にご相談ください。

疲労骨折との鑑別が必要

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)は、主に脛骨(スネ)に沿って痛みます。
脛骨の骨膜を、後脛骨筋や、ヒラメ筋などの筋肉により引っ張られることにより骨膜に炎症を起こします。

整形外科でのレントゲンにより、疲労骨折との鑑別が大切です。
疲労骨折の特徴としては腫れが強い、ラインで痛むというより、ピンポイントでの痛み。
脛骨をタップするとビーンと患部に響くなどがあります。 必ず一度、受診してからお越しください。

症状

初期症状は運動後だけの痛み等、散発的ですが、症状がすすむと、歩行時にも骨が痛いような感覚の痛みが起きてきます。
スネの内側の骨(脛骨)の際を押すとライン状の痛みがあります。

バランスの崩れた使い方によりシンスプリントになったと考えれば、2次的な痛み(腰痛や捻挫など)が出てきてしまいやすい状況ともいえます。
バレエ・ダンス・マラソン・サッカー・テニスなどのアスリートの方、シンスプリントを早期に治しておきましょうね。

『大したものではない』と自分自身で判断して、レッスンを続けていると、案外簡単に疲労骨折の起こる部分ですのでお気をつけください。

当院の治療の特徴

患部・痛みのある所への刺激はほとんど行わず、関連性の高い腰部や骨盤周囲のバランスを整え、筋緊張を取り除いていきます。これにより反射的に脛骨(すねの骨)内側に付くヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋の緊張が緩和され症状が消失していきます。
炎症が重度であれば、治療後すぐの回復は難しいですが、治療を繰り返すことにより、筋膜・骨膜の炎症が治まり、症状は消失していきます。

また、足関節の調整も必ず行ないます。特に内側のアーチが落ちこんでいるケースが見受けられますので、これを手技により調整していきます。足関節・足指の使い方の改善は必須ですのでリハビリも必ず行うようにしてください。


どこの病院に行っても ダメだったのでおどろきました。

 さいたま市 山本壮登様 19才 大学生陸上部

click_btn  

icon 治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?
陸上をやっていて、高校2年あたりからシンスプリントになり、痛くて
練習がまともにできませんでした。

icon 施術を受けての変化、感想をお聞かせください

始めてシンスプリントを治していただいて、どこの病院に行っても
ダメだったのでおどろきました。
痛かった部位がほとんど痛みがなくなりました。
その場で効果がすぐにわかるので良いと思いました。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

原因

「使い過ぎ」だから痛くなるということではありません。これからお伝えする原因などにより、患部に負担がかかっている状態です。

 

 腰椎・骨盤の問題

痛い場所が問題を起こしているのではありません。シンスプリントと密接な関係が、腰椎や骨盤にあります。シンスプリントに限らず脚が痛くなったら、腰を中心にバランスの崩れを疑います。

 

 扁平足・回内足・アーチの崩れ

オーバープロネーションといい、踵骨の捻じれにより足関節が内側に倒れ込んでいるケースもよく見受けられます。重度の歪みは施術だけでは簡単には治りません。リハビリと治療を併用させていきます。

 

 筋肉の問題

先ほどお伝えした足関節の歪みなどから、脛骨内側に付着する、ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋が骨膜を牽引されてしまう。筋肉の緊張・捻じれなどが大きく影響しています。

ただし、初期症状時に、これらの筋肉をマッサージ・アイシングなどで痛みだけをとろうとするとより慢性化しやすくなりますので注意してください。

 

 

 

 ウォーミングアップの不足

ストレッチをウォーミングアップと勘違いしている方もいらっしゃるようですが、ストレッチはレッスン後に行なうものです。
体が温まっていない、筋肉が温まっていない状態でレッスンをおこなえば、ケガをしやすくなります。バーレッスン・競技に合わせた基礎トレーニングを必ず行ってください。
こうすることで、関節可動が円滑になり、体も軽く、パフォーマンスの向上につながります。
ウォーミングアップの効果はいつまでも持続するものではなく、長くて1時間くらいです。
長時間に及ぶレッスンの場合、途中で休憩をとるならば再度のウォーミングアップを忘れないようにしましょう。

 

 テクニックの問題

原因の一つです。例えばバレエなどで「膝が内にはいる」「股関節⇒膝関節⇒足関節(足先)」アンディオールを意識するあまり股関節からではなく足先だけを外にする捻じれの問題でも生じます。

 

アイシングについて

患部が腫れてズキズキ痛むときにはアイシングは有効ですが、普段のケアとして行う必要はありません。習慣化してしますとアイシング(湿布も同様)も害になることがありますので注意しましょう。

 

テーピングについて

舞台前や競技会前でしたら、テーピングして補うことも必要です。しかし、テーピングに慣れてしまうのは危険です。必要な筋肉が低下してしまうこともあります。治療とリハビリをしましょう。

シンスプリントのストレッチ

歩いていてもジンジン・ズキンズキンと響くような場合では、逆に悪化するケースもありますので、あくまで初期・慢性時に行なってください。予防にもつながりますので、再発防止にお役だて下さい。

 


お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-117-638

line

ページトップに戻る