HOME >

バレエによる三角骨障害の鍼・整体治療

 こんな症状をお持ちではないですか?

 つま先を伸ばすと痛みが走り、ポアントが痛く膝が伸びない

 内くるぶしの中の方でゴリッと音がして痛い

 コンクールや舞台があり手術している時間はない

  レッスンを休み安静にして若干痛みは引いたが、レッスンで元通り・・・

 バレエを続けられないのでは・・・・・と悩んでいる

バレエ特有の症状といえば、真っ先に「三角骨障害」と答えるでしょう。
それくらい悩みが深い症状だと思います。私も相当の思い入れがあります!

整形外科を受診して、手術を薦められることも多いことも特徴の疾患です。

しかしながら、手術を勧められるケースでも、
手術なしで舞台復帰できる可能性もあります。

まずは、当院を受診したバレエダンサーの声をお読みになってください。

バレエ団のオーディションに合格する事が出来ました【クラシックバレエ】

click_btn  

icon 治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?
バレエを習っていて三角骨障害になりました。
足首が思い通りに動かなくてつま先も伸びきりませんでした。 痛みが酷い日にはトゥーシューズで立てない時もありました。

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください
バレエ団のオーディションの前に痛みが酷くなり何度か施術をして頂いたら、
当日はあまり痛まずに踊ることが出来て、合格する事が出来ました。

・「他院と違うな」と感じたところはありますか?
他の病院では三角骨障害を治すには手術しか方法はないと
言われてしまったので手術せずに治せて良かったです。

・同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします
一回一回の施術で確実に良くなっていくので手術をしないで 、三角骨障害を治したい方は、一度施術を受けて頂きたいです。

神奈川県綾瀬市 下田愛華様(仮名) 20才 バレエダンサー

三角骨障害の原因

距骨(きょこつ)後方突起の外側結節が分離したものとされています。

バレエや新体操など、底屈(ていくつ)動作を繰り返すことが多いことが発症要素となります。

また、捻挫受傷後に、アキレス腱の奥や、内果(内くるぶし)後方が痛みはじめるケースも少なくありません。

と、ここまでは一般的な医療機関などでも、お伝えしている原因ですが、当院が原因としていることは他にもあります。

@ 体全体の問題

体は1か所だけがピンポイントでバランスを崩すことはありえません。
痛みの起きている足首後方だけが問題ではないということです。

関連した腰椎や股関節の影響を受けています。例えば、骨盤が前傾した状態で、ルルべをすれば、必要以上の筋力負荷が下肢全体にかかります。

骨盤が正しい位置でルルべをした状態とでは、まるで条件が変わってしますのです

A 筋肉・腱など問題

筋肉が硬い、凝り固まった状態は、休養するだけではなかなか緩みません。

疲労が溜まりやすく抜けない、という悪循環に陥ります。疲労が溜まり過ぎることで、筋肉はさらに硬くなり、動きが悪くなります。

逆に言うと筋肉が柔らかくなれば、動きが良くなり、結果的に痛みは治まります。じゃあ筋肉をマッサージすればいいの?と思うかもしれませんが、残念ながらそんな簡単な話ではありません。

硬い所をむやみに押すだけだと、余計に緊張し痛みが強くなることがありますので注意が必要です。

緩ませる方法は一つではありませんが、経験豊富な施術者に相談することが必須です。

B フォームの問題

最もわかりやすい問題は、つま先と膝の向きです。
つま先だけを開いて使うことは三角骨障害に限らず、すべての故障の原因となりますので覚えておいてください。

たとえ三角骨除去手術をして痛みがなくなっても、同じことを繰りかえせば再発します。

来院される患者さんには、バレエ講師の方に、普段どのようなアドバイスを受けるかをお聞きするようにしています。

講師のアドバイスの意図を、勘違いしているケースもありますので、うまく伝えられればと思っております。

バレエ 三角骨障害  【改善例】

以前、アキレス腱炎を発症。
その後、踵骨(かかと)の痛みを発症。
次いで、足首の腫脹(はれ)。
整形外科では、

『三角骨障害』と診断を受けステロイド注射を受けた。

注射をされたアキレス腱内側部の痛みは日常生活レベルでは気にならないが、
つま先を伸ばすとアキレス腱の奥に痛みと詰まり感、
また、母趾〜足関節の内側にかけて痛みが走る。
 
違う整形外科や、整骨院に通うも一向に回復がみられないとのことで来院。


 

 施術経過

初回
整形外科での診断は三角骨障害。
ということで、画像上は三角骨があるわけで、
しかしながら、発症するまでの数十年間は痛みがなかった事実がある。

経験上、このケースは手術せずとも症状は緩和、もしくは消失するだろうと予測し、治療を開始。

下肢の筋緊張とアライメントを整える。
特に、
腓骨の偏位、
距腿関節、距踵関節を調整。

施術後、
『全然違う』
と反応あり。

2回目
前回施術後からアキレス腱内側部奥の痛み、違和感がなくなっているとのこと。
ただ、歩行時に踵(かかと)やアキレス腱に突っ張り感を感じる。

施術は、鍼にて腰椎の動きを良くしてふくらはぎを緩める。
仙骨部の硬さを緩め、踵まわりの緊張をとる。

3回目
バレエシューズでは問題ないが、
トゥシューズを履いてみたところ、可動域MAXで詰まりをまだ感じるとのこと。
前回の症状(踵や拇趾など)はレッスン後にやや違和感があるくらいまで回復。

今回の施術では手技にて、足関節のアライメントを整えることに重点をおく。


4回目
症状はほぼ消失、ポアントレッスンも問題なくできているとのこと。
腰部から整え治療は終了。

このケースは三角骨障害に似た症状であったと推測。
個人的には、当初、アキレス腱炎がある状態で、レッスンを受け、痛みをかばううちに、バランスが都度変化し、かかと→内果奥に痛みとつながったと考える。

三角骨そのものが問題を引き起こしているのではなく、
周りの腱や靭帯、筋膜のトラブルと考えて治療。スッキリとれるまでに至った。


この症例のように、
整形外科での診断が三角骨障害であったとしても、
思いっきりバレエができるようになるケースは少なくはない。

手術の選択は、手技療法や鍼灸治療をお試しいただき、
最終手段と考えてほしい。

それでは、施術を受けに来てくださった、直筆の声をご覧ください。

  千葉県市川市 小野塚智恵様 50才 主婦

click_btn  

icon 治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

バレエのレッスンをしてアキレス腱を痛めた後、
アキレス腱炎は治っているはずなのに、

かかとや足首の痛みが取れず、
痛みがあるままバレエを続けていましたが、

ついに足全体がはれてしまい、
整形外科で診ていただいた所、三角骨障害と診断されました。


いろいろ治療を試みましたが痛みはとれず、
最終的に注射をして痛みは取れたのですが、

かかとの所に何かはさまっている感じや、
足首・かかと周辺の違和感が続いていましたので、

スポーツ障害に良いといわれる整骨院を渡りあるき、
結局改善されず、

ついにインターネットで見つけたこちらの治療院にたどりつきました。

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

先生が詳しく説明して下さったので、
安心して施術を受けられました。

足の違和感は1回の施術だけでも、かなりなくなっていました。

病院や他の整骨院と違い、
痛い箇所だけを治療するのではなく、

骨のゆがみを治して下さったり、
痛みの原因になっていると思われる他の部位も施術して下さり、
動きやすくなったように思います。

私の場合は足首を特にやっていただいたので、
ルルヴェがとてもしやすくなりました。 


・この治療院のどんな所が「いいな」と思いますか?

先生がとても気さくな方なので、
あまり緊張しないで施術を受けられます。

施術は痛みのあることがほとんどないので気持ちよく、
なのにすごく効果があります。

・同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします

三角骨の痛みは、よく手術するしかないと、言われてしまって、
もうバレエを続けれないんじゃないかと不安になったり、
実際に辞めてしまった方もいますが、

こちらの治療院では必ず治していただけますので、
まず、治療を受けてみて下さい。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

小野塚さん、ご協力ありがとうございました!

同じように三角骨と診断され、痛みや違和感でお困りでしたら、
是非ご相談くださいませ。

【関連記事】

『三角骨障害と診断』足首・ふくらはぎのの張りや重さが改善 
【ドイツ留学中 14才】

三角骨障害、整形外科での診断と治療について

三角骨障害はX線検査によって診断が可能です。
距骨の後方突起の外側結節が分離したものとされています

治療法は医師の指導のもと、

保存療法(安静・テーピング固定・電気治療、痛みが強ければ局所麻酔薬・ステロイド注射)が主になっています。

ただ、当院の患者さんの中にはすぐに手術を勧められるケースもあるようで、医療機関によって判断が変わってくるようです。

あくまで個人的にですが、ステロイド注射と即手術は勧めません。

まずは、体の使い方の再構築・筋肉の過緊張をとる・骨格を整える・正しいストレッチなど、やれることをやった後でも遅くはないと考えています。

理由として、
来院される患者さんで、
・手術をしたけれど、症状の変化があまりない
・術後しばらくは良かったがレッスンをはじめたら同様の痛みがでてきた
・手術をした後、かえって痛みや腫れ感が増した

と訴え、悩んでいるケースがあるからです。

もちろん、手術によって症状がきれいにとれることも耳にしますので、 選択は、
その方の置かれた状況や、タイミングによって変わってくるとは思います。

理由のつづきになりますが、
【三角骨が存在しても、症状が必ずあるものではない】
ということが挙げられます。


当院に来院されるバレリーナでも、
以前、痛みがあって、三角骨障害の診断を受けたが、
ここ何年も痛むことはない。

ということがよくあります。
なんの症状もでなくて、バレエを続けている方が思いのほか多くいるのです。

三角骨障害と診断されても、症状が必ずあるものではない

???とピンとこない人もいるかとと思いますので、
実際に来院された患者さんの例をとって紹介します。

17才 女性

以前から、左足関節につまり感はあったが休むほどではないと思い、
日々レッスンをしていた。

ところが、3か月前から足首の内側が、足首を伸ばす動作・ルルべで痛みを感じるため、レッスンができないとのことで、整形外科を受診。

三角骨障害と診断を受ける。

『痛みのない右足首もレントゲンを撮っておこうか』
と医師が勧めるので撮ると、

痛みのない右足首にも三角骨があるとのこと。
今まで右足首は違和感すらありません。

三角骨ある ≠ 痛み

手術は選択せず来院され、
3回の施術でレッスンしても痛み・違和感がでないまで回復。

右足は、三角骨があっても痛くない。
左足は、三角骨があっても鍼・整体だけで回復。

これは決して特殊なケースではありません。
ポイントの、筋肉や腱(けん)靭帯(じんたい)の緊張をとり、
骨格を矯正していくことで多くの問題は解決します。


当院では、
【症状がなく、しっかりのれるようになる】
まで、施術を全力でおこなっております。
ぜひ、ご相談ください。


お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-117-638

line

ページトップに戻る